平日は社畜、休日は婚活なかなか上手くいきません。

婚活サイトで検索条件を絞る作業は女性を品定めする申し訳なさがある

品定め

婚活サイトに登録してから数週間、サイトの使い方に慣れてきてからの悩みは、やはり好みの異性を見つけることができるかどうかだと思います。

最近は、どのサイトも検索機能が充実していて、自分の求める条件に合った相手だけをピックアップして見ることができるのですが、それをするのは何となく気が引けてしまったり、申し訳ない気持ちになってしまったりするという方も多いでしょう。

特に男性は、女性を検索して、ふるいにかけることに抵抗がある人が多いのだそうです。

女性は初対面の男性に対して、見た目などより収入や趣味などの、ぱっと見て分からない部分を知りたがる傾向にあります。

逆に、男性は外見などの分かりやすい部分を重視しがちです。

よって、女性の方が、収入などの部分で異性を選ぶことに長けています。

男性は、女性に比べてそういった経験が少ないため、検索機能の使い方を心得ていなかったり、条件を絞ることに対して抵抗があったとしても、仕方が無いと言えるでしょう。

ですが、だからといって女性側から選ばれるのを待っているだけでは良い出会いは訪れません。

せっかくの機能ですから、しっかり活用して理想の女性を見つけたいですよね。

そこで、検索機能を活用する際に心がけておくと良い点を押さえておきましょう。

まず、理想の女性を見つけるためには、取捨選択が必要不可欠です。

例え申し訳ないと思ったとしても、満たしてほしい部分を満たしていない女性を選ぶメリットはありません。

また、条件を絞らずに異性を探したとして、その中でいいな、と思う相手が、その条件を満たしているとは限りません。

そうなると、その女性にアプローチするかしないか、考えなければなりません。

条件的にはその人は選ばないけれど、もしかしたらとても気が合うかもしれない……などと、考えるときりがないでしょう。

よって、毎回毎回よく考えて、見比べる根気がある方、また自分の相手を見る目に自信のある方以外は、まず絞り込みを行うことをおすすめします。

近年、婚活サイトに登録している女性は増え続けており、どれだけ頑張っても全員を見比べて、一番良い人を選ぶというようなことはできません。

なので、はじめからタイプの合う可能性のある女性、またその確率が高い女性を絞り込んで、その中から一人一人をしっかり見てみるのがよいでしょう。

同じ検索で選ばれた方々でも、それぞれは全く違う個性を持っています。

理想の女性を見つけるのは簡単ではありませんが、諦めないことが何より大切です。

根気強く、頑張っていきましょう。

おすすめ