平日は社畜、休日は婚活なかなか上手くいきません。

意中の人と連絡するだけでドキドキ。青春が遅れてやってきた!

私は若いころ、自分は30歳までには結婚したいなんて言っていました。

私が生まれた時に、私の父親は40歳だったということもあり、小学校などの運動会に父親が来ると、周りのお父さんはみんな若いのに、自分のお父さんだけ老けていて、恥ずかしいという思いがありました。

そのため自分はなるべく早く結婚して、子供を産んで、若いお父さんになりたいと思っていました。

そんな私ですが高校生活では部活に明け暮れ、大学でもバイトに明け暮れ、社会人になってからは仕事に没頭して、ほとんど女性と接することもなく、30歳を迎えてしまいました。

部活やバイトに明け暮れた学生生活では、一度も女性と交際することなく、私の青春はあったのだろうかと今ごろ後悔しています。

しかしたとえ後悔したとしても、過去に戻れるわけではないので、私はこれからでもすてきな結婚相手を見つけようと婚活を始めたのです。

私は本当に結婚したいという思いが強くなっていたので、結婚を前提とした交際相手を見つけたいと思っていました。

しかし結婚相談所に入る勇気もなく、またかなりの費用がかかると聞いたので、結婚相談所はあきらめて、婚活サイトを利用することに決めました。

婚活サイトでは、私はお酒も飲まず、煙草も吸わないので、女性の方から結構連絡をもらうことができました。

その中から自分とあいそうな女性に連絡を取ることに決めました。

返信をしたとしてもどうせ続かないだろうとあまり期待はしていませんが、私が連絡をしてからは、毎日のように連絡を取り合うようになりました。

意中の人と連絡するだけで、胸がドキドキと高まり、30歳を過ぎてようやく私には青春がやって来たのだと感じました。

その後、実際に会い、何とかデートをするようになり、ついに5度目のデートの際に告白をして、結婚を前提とした交際がスタートしました。

私が告白をした際には、もっと早く告白してほしかったと彼女から言われてしまいました。

今では彼女をどんなところに連れて行ってあげようか、どんな楽しいこと経験させてあげようかと考えることが、毎日とても楽しく幸せです。

このような思いを、若いうちから経験しておきたかったと思いますが、私にこんな思いを経験させてくれる人に出会えたことは、本当に喜ばしい限りです。

現在では、結婚の準備を進めている所ですが、これから彼女と結婚して家庭を持ち、家族を作っていくことがとても楽しみです。

青春が遅れてやってきただけで、幸せをつかみ取ることができました。

おすすめ