平日は社畜、休日は婚活なかなか上手くいきません。

デート記録:いろんな人とデートをすること3ヵ月…これって運命?

婚活をする場合には、まずパーティーに出席するか結婚相談所に参加する必要があります。

パーティーに出席すれば、そこの参加者と仲良くなり、そこから二人の出会いが始まることもあります。

一方で、結婚相談所は様々な形があり、お見合いのスタイルのところもあれば、婚活に積極的に参加する形のものもあります。

いずれの場合も、相手と自分がそれぞれ気に入れば、デートをすることになるでしょう。

デートをしたときに、相手が気に入ればそのまま結婚に結び付く可能性も高くなります。

実際に、結婚相談所やパーティーに参加して結婚に結び付いたカップルは星の数ほどいます。

ところが、残念なことに何回デートを重ねてもなかなか結果に結び付かないこともあるでしょう。

数をこなせば結果が出てくることもありますが、いろいろな人とデートをして3カ月間、まだ誰とも地に足をつけて付き合うことができないとすれば、そこに何か問題が発生しているはずです。

間違いないのは、どちらかが相手のことを気に入ってないことです。

この場合、自分が相手から気に入られず相手の方から去ってしまう場合は、自分を見つめ直す必要があります。

例えば話しの内容や、ちょっとしたしぐさや癖などが相手から嫌われている可能性があります。

そのうち、男性の場合であれば、まだ付き合ってもいないそれほど関係が薄い女性に対して距離を保たずに近づいてしまったり、距離が遠すぎる場合です。

この場合には、適度な距離を保つことが重要です。

それは体と体の距離といった意味でも、また会話の内容や合う回数などでも同じです。

会話を直す場合は、自分の話しはそれほどせず、相手の話しを聞くようにしましょう。

相手の話しを聞いているうちに、自分はその相手と本当にぴったりなのかがよくわかります。

また、人によって会話のテンポもありますので、相手の会話のテンポをよく観察しておきましょう。

これに対して、自分が相手のことを振る場合には、やはり自分自身の中に何か問題があるはずです。

例えば、合う相手が数人連続して、自分の理想から遠いとすれば高望みし過ぎでしょう。

たいてい、自分に近づいて来る人は、自分と同じようなレベルの人です。

普通の人に芸能人レベルの容姿が素晴らしい人は近づいてきませんし、逆に自分よりもはるかにみすぼらしい人が近づいてきません。

そのため、相手が理想に合わないとすれば、自分自身の価値自体を見誤っている可能性があります。

まずは自分を客観視することで、自分の正確な価値を見定めましょう。

おすすめ