平日は社畜、休日は婚活なかなか上手くいきません。

デート記録:相手はまさかの20代!イマドキの子は達観してるんだなぁ

デートをするときには、多様な相手と楽しむことができるはずです。

とはいえ、年齢はそれほど離れていないことが多く、20代前半の人が50代の人とデートすることはまずありません。

あるとしても、何らかのお金がからんでいるものと推測されます。

ですが、必ずしも年齢が離れているカップルは成立しないわけではありません。

中には、30代前半と20代前半のカップルもいます。

例えば、婚活パーティーなどで20代前半の女性と30代前半の男性に縁があり、カップルになることも考えられるでしょう。

このような場合は、周りから見れば達観していると思うかもしれません。

基本的に30代前半の男性には大人の魅力があります。

一方、男性から見た20代の前半の女性も魅力的に見えるでしょう。

男性からすれば、若い女性には非常に魅力を感じるものです。

これは結婚をする時であればなおさらです。

若い女性の方が妊娠しやすく、子孫を生んでくれる可能性が高くなるからでしょう。

また、若い方が見た目が良いことが多く男性としても満足できます。

これに対して、この逆はあまり考えにくいです。

20代前半の男性と30代前半の女性が結びつく傾向は全くないわけではありませんが珍しいといえます。

基本的に男性は年下を好む傾向がありますので、わざわざ30代の女性と付き合いたいと思う男性は数少ないです。

ですが女性は、男性が多少若くても問題ないと感じる人も多いでしょう。

もちろん、同世代の男性から比べれば頼りなく感じるかもしれませんが、女性のタイプによっては頼りない男性を好む人もいます。

例えばキャリアウーマン的な女性は、自分が自立しているため、年齢的にはまだ自立しているとは言えない男性を好む傾向も少なくありません。

キャリアウーマンの女性とつきあう若手男性社員のカップルも世の中にはいます。

ただ、実際に結婚するとなると少し厳しい面があります。

付き合っている時、女性は30代前半であれば、結婚した時には 30代半ばになっている可能性が出てきます。

二人の間に子供を考えるならば、少し厳しい選択と言えるでしょう。

つまり、子どもを望んでいる男性に一回りぐらい離れた年上の女性は現実的ではありません。

子供も望まないのであれば特に問題ないでしょう。

基本的に、結婚する相手は5歳以内であることが多いです。

お互いの年齢が近いことから話しが合いやすく、ジェネレーションギャップも少ないからです。

また、合コンなどであれば、年齢の近いもの同士で成立するため、必然的に年齢が近い人同士でカップルになる可能性が高いです。

おすすめ